読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

故ジル・ローランを偲んで

A blog to remember Gilles Laurent, who died in Brussels Attack in the middle of making his film about Fukushima / this blog is organized by his wife Reiko Udo

事件から1ヶ月後に出した私のFacebook上でのメッセージです My Facebook Message 2016/04/22

夫、ジル・ローランが去る3月22日、母国ベルギーブリュッセル
起きた地下鉄テロ事件の犠牲者となり亡くなりました。
そして今日で1ヶ月の節目を迎えました。
My husband, Gilles Laurent passed away on March 22nd, by Brussels Attack in the metro. Now it is just one month after the incident and I would like to announce to all my friends.

もともと映画のサウンドエンジニアだったのですが、
初メガホンを取って福島で撮影をしたドキュメンタリー映画の
編集作業のため、帰国していました。
その映画は処女作であると同時に、遺作となってしまいました。
映画は同僚に引き継がれて、夏頃に完成させてくれるそうです。
もともとはヨーロッパで公開の予定でしたが、私が引き継いで、
日本でも公開出来るようにしたいと思っています。
He was originally a sound engineer for cinema, but he shot his first and last film as a director in Japan and had returned to edit it in Belgium. The film was about Fukushima. The work was nearly finished and will be completed by his co-workers until summer and I will succeed it to spread not only in Europe but also in Japan.

この1ヶ月、日本の家族や友人たち、ベルギーの家族や友人たち、
事実を知ることになった職場の方々などから、
とてつもない嵐のような愛とサポートを頂きました。
During the whole last one month, I received tremendous amount of love and support, which was like a storm, from families and friends both in Belgium and Japan. Also from the colleagues who had to know about this earlier.

愛ある人間を、同じように愛ある仲間たちから
一瞬にして奪い去るテロですが、愛を攻撃すれば、
その周囲で眠っていた愛が、逆に増殖して溢れ出します。
格好つけた言い方かもしれないけれども、だからこそ
「テロなんて不成功」だと強く思いました。
全身全霊で受け止めた実感です。
The terrorism takes away quite easily those who are full of love, from those who are the same kind. But if they attack love, the love that had been sleeping around just start to flood. Maybe this is pretentious to say, but apparently terrorism ends up in failure. Always. This is what I have felt with my body and soul.

残されたチビっ娘たちと力を合わせて3人で、これまで以上に、
日本とベルギーの架け橋となれるように、
これからの人生を歩んでいきます。
どうぞ、温かく見守ってください。
Three of us, including two of my young daughters, will continue our lives trying to be a firm bridge between two countries Japan and Belgium.
I hope our friends will always be with us for the future.

f:id:Gillesfilm:20160601061346j:plain