読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

故ジル・ローランを偲んで

A blog to remember Gilles Laurent, who died in Brussels Attack in the middle of making his film about Fukushima / this blog is organized by his wife Reiko Udo

ジルの葬儀(2016/03/31)にて姉シルヴィーが読んだ弔辞 The message from his sister Sylvie at the mass

義姉のシルヴィーがミサで読んだジルのためのスピーチです。

最初に日本語訳、そのあとにオリジナルのフランス語バージョンを掲載します。

This is a speech that my sister-in-law, Sylvie read at the mass for Gilles.

There will be Japanese translation first, and the original French will follow.

 (translated into Japanese by Mrs. Emi Ohara 日本語対訳:大原映美さん)

 

ジルー(※ジルのあだ名。ジルゥという感じで発音)

 

 可愛い弟、とマルレーヌ(※もうひとりの姉)、アリス(妹)、そして私はあなたのことを呼んでいたわよね。あなたは私たちの中で一番背が高くて、ちょっとした“兄弟のガイド&リーダー”だったけれど(笑)。

 

 この手紙を長い時間を、数日をかけて書いたの。決して読むことにはならないと祈って待ちながら。現在形と過去形を混ぜて書いたわ。時間が経っていき、果てしなく待っていた数日間、馬鹿げているかもしれないけれど、私たちはあなたに再会できるという希望を持ち続けていたの。だけど土曜日の18時10分、鳴り響く呼び鈴の音で希望は消えてしまった。

 

 何も言わずに別れたくはなかった。

そしてこの試練の中私たちを支えてくださった人々と、私たちがともに生きた幸せな様々な瞬間を分かち合わずにはいられなかった。

 

 私にとって一番古い思い出の一つ、それはあなたの気前の良さ。マルレーヌと私がリンゴやオレンジをひとかけらちょうだいというと、いつも全部くれたわよね(笑)。

 

 とっておきの話のひとつは、その“小さな”手。「ママン、どうして僕を小さな手と短い指にしたの?」と。でも玲子が私たちに、日本人にとっては普通サイズだと言った時、あなたはほっとしていたわね。

 

 あなたは氣之道が好きだったのはもちろんだけど、同じくらいサッカーもお気に入りだった。あなたが小さな頃、パパとママンはサッカーに全く興味がなかったから、専用の靴が必要だなんて思いつきもしなかった。たしかにパパはとてもぼんやりやだった。だからあなたはバスケットシューズでサッカーをしていたわね。

パパはもうJupiler(ビール)をおいしく飲みながらサッカーを見ることはないだろうし、リリス、あなたがジルに(ジルが最後にいたクラブ)ガントワーズの結果を教えるために電話をすることももうないわね。



20歳であなたが南アメリカへ旅立つとき、あなたに海外旅行の損害保険をプレゼントするほどとてもストレスを感じていたの。結局バスの中で全部盗まれてしまったのだから、私のしたことは無駄ではなかったわ・・・。



 そしてジル、あなたは信念の人だった。

文化的な多様性を持ち、暴力的でないところ、環境を尊重するところや消費社会に反対するところから、パパが記者に言っていたように、あなたは(※)アルテルモンディアリストだった。より公平で正しい社会を支持していたわね。

(※)アルテルモンディアリスト:造語のようです。ウィキペディア参照

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%86%E3%83%AB%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%A0

 

不平等や不正、人種差別、排他性、反啓蒙主義への非難を実際の行動で表していたわね。

 

福島についての映画、そしてあなたが最後に読んでいた本、ノーベル文学賞を受賞したスヴェトラーナ アレクシエーヴィッチの『チェルノブイリの祈り』の二つがその証拠ね。

 

あなたはフェイスブックで、クララ(※ジルの姪)のいう“時の人”にはなりたくなかったはず。

 

あなたは子供の頃から家でのディベートでとても熱心に自分の意見を主張するものだから、政治的な議論は禁止されていたわよね。

でもあなたはいつも“論争的”で、討論に発展してた。このことをアドリエン(※姉シルビーのパートナー、フィリップの息子)がこれからもずっと覚えているわ。




私たちは反啓蒙主義や憎しみに陥ってしまわないようにしよう。私たちの怒りは表すべきだけれど、単なる(政治的意図を含んだ作為的な)ファシストとなってはいけない。



グローブトロッターだったあなたは本当にあらゆる文化の集まる場所だったわね。

私たちはあなたの旅や撮影を通してあなたを理解していたわ、あなたが東京に落ち着いて、それ以来私たち家族の一員となった玲子と出会うという幸運に恵まれたその日まで。

 

ジル、あなたはパパになった、なんという幸せでしょうー二人の素晴らしい小さな娘たち、すずとりり。クララは二人の素晴らしいいとこたちがいるのだから、もう一人ではないわ。

すずとりりは苗字を継承することでしょう:それはパパとママンの切なる願いでもあるの。3人の孫娘たちの写真をとっても誇らしそうにレセプションに飾っておくほどなのだから。

 

ジルー、相撲の試合がまた始まったわ。日曜の夜、娘たちはあなたを想いながら見ていたけれど、つまらなかったみたい。そしてあなたのお気に入りの力士は、この金曜日に負けてしまった。

 

私たちはあなたのすぐそばにいるわ、玲子。

 

でも(危険な場所も含め)30カ国以上を駆け巡った後、よりによってこのベルギーで、しかもスタジオへ通うという静かな日常の中で、あなたの人生は爆発され、私たちは引き離されてしまった。



ジルー、あなたが帰国した時、友達でさえもなかなかあなたに会えなかったわよね。私はラッキーだったわ、だってここ数年間ブリュッセルで暮らす私の家で、あなたは過ごしていたのだから。

 

ジルー、あなたは穏やかでもあったわ。(あなた以外に誰がすると思う?ブイヨンーブリュッセル間を高速道路で時速90km以下で走るなんて・・・)。

 

ジルー、あなたはアルデンヌ(※ジルの出身地方)であり、ブイヨン(※ジルの出身市)、そして森の散策者でもあった。

 

娘たちの洗礼式をしたトンボー デュ ジェアン。あなたとクララが初めて一緒に裸になって入ったのもトンボー デュ ジェアンのスモア川だったわね。アリスと私は馬鹿げてると思ったわ。だってまだ冬だったのよ、凍えるほど寒い。



その時にあなたがクララに、抱きしめてそのエネルギーを分けてもらうためにどの木を選ぶかと尋ねたことを覚えておいてね。一緒にいた時はいつも、長い時間散策をしたわね。リュージュ(小型のソリ)は壊れていたから代わりに大きなビニール袋だったけど、クララが初めて滑ったのはサンサルトだったわね。ありがとうジルー。玲子やスジー、りり、クララ、ロリ、サシャと同じくらい、私もあなたをこんなに早く失ってしまったことを無念に思っているわ。あなたの人生哲学は美しく魅力的だから、これからも私たちみんなと共有し続けてもらいたいわ。

 

 ジル、あなたは音楽であり、文章であり、そして読書でもあった。

 

旅にでるたびに、あなたがモールスキンに書き込んでいたのを覚えているわ。テーマを決めるとすぐに書き始めていたわね。クララはあなたが手伝って作ったフランス語の傑作集、(※)midi quartとmythe d’Icareに大喜びだったわね。

クララは今国語の宿題をしなければならないの。クララ、あなたを手伝ってくれるのは、もうジャック(※クララの父)とフィル(※シルヴィーのパートナー)しかいないわ。

 (※)midi quartとmythe d’Icare:二つとも「ミディ カール」と発音。意味はそれぞれ「0時15分」と「イカロスの神話」)



ありがとうジル、家族たち、友人たち、近しい人たち

そしてDiv(自動車管理局だと思います)のティエリー ウォウターズと赤十字のメラニー シルヴェンにもお礼申し上げます。

あなた方の支援は計り知れません。この試練を通して、あなたがたは私たちを支えてくださり、またこれからも支えてくれることでしょう。なぜなら私たちを通してジルは生き続けますから。

 

ジルー、あなたに言いたいことがまだまだあったけれど、あなたがもう夜帰宅する音を聞くことも、(※)エスカロップを5枚より少なくしてと言われることももうない。

(※)エスカロップを5枚より少なくして:カティも初めて聞く表現のようですが、例えば「ご飯の時間の5分前」のような、ジルがいつも言っていた、なにかの例えの冗談のようです。

 

玲子もすずもりりもパパとママンも私たちみんなジルー、あなたのすばらしい旅立ちを願っているわ。

 

会いたいわ、ジルー。でも穏やかに旅立ってね、私たちが玲子と娘たち、パパとママンの面倒を見るから。

 

フィリップ、素敵な文をありがとう:

愛想の良い微笑みをたたえた(※)ガヴロッシュ、無私無欲、気取りなく思慮分別であることに生き生きとしていた。ジルはその慎み深さ(細やかな気遣い)やのんきな上品さ、ちょっとひょろひょろとしているところでみんなを魅了し、親しい人も偶然出会った人も含めて周りにいる人々といつも打ち解けていた。ジルを知っている人々、そして彼のファンでいる人々の彼にまつわる記憶が、思い出です。死は忘れるものではなく、瞑想するものです。 :フィリップ キュルベール

 (※)ガヴロッシュ:ヴィクトル ユゴーの『レ ミゼラブル』の登場人物の名前。(機知に富んで生意気な)パリのわんぱく小僧、おとなしいからかい好き、愛情のこもった皮肉屋でいたずら好きをあらわす




このミサは妥協案です

 

ジルは信仰を持っていませんでしたが、不寛容でなくみなさまの意見を尊重してこの式を執り行いました。

 

Gilou

 

Mon petit frère, comme on disait Marlène, Alice et moi, bien  que tu étais  plus grand que nous,   et un peu « guide ou chef de fratrie »  ☺

J’ai écrit cette lettre pendant ses longues heures et journées  d’attente en espérant ne jamais la lire.  L’écrire au présent ou au passé.  Les heures s’égrènent, les jours, l’attente est interminable mais en même temps, nous gardions l’espoir même insensé de te retrouver.                                                           Mais samedi à 18h10 : la sonnette a retenti et l’espoir s’est envolé.

Je  ne voulais pas qu’on se quitte sans ces quelques mots.                                                                                   Et sans partager,  avec ceux qui nous ont soutenus dans cette épreuve,  les moments heureux qu’on a vécu ensemble.

Un de mes souvenirs les plus anciens, c’est ta générosité. Quand Marlène et moi te  demandions  un morceau de pomme ou d’orange, tu  le donnais  tout ☺

Une des 1ères anecdotes, ses « Petites »  mains : maman pourquoi tu m’as fait avec des petites mains et de petits doigts. Mais  rassures toi, comme Reiko nous  a dit :  pour les Japonais, c’est taille normale.

Bien sûr tu aimais le kinomitchi  mais tu aimais aussi beaucoup le  :  Le foot : Quand tu étais petit, papa et maman, n’étant pas du tout intéressés par ce sport,  n’avait pas pensé  qu’il fallait des chaussures adaptées.  En effet, papa était  fort distrait.  Alors tu jouais au foot avec des baskets.                                                                                                                              Il ne regardera plus le foot avec une bonne JUP, Lilice, et il ne te téléphonera pour connaitre les résultats de la Gantoise (ton dernier club du moment).

20 ans ton départ pour l’Amérique du Sud,  J’étais tellement stressée que je t’ai offert une europ assistance.                                                                                                                                                                      Ce qui ne fut pas inutile vu que tu t’es tout fait tout voler dans le bus  ….

 

Et puis Gilles, c’était tes convictions.  

Comme disait Papa à une enquêtrice, tu  étais un altermondialiste, pour la diversité culturelle, non violent, respectueux de l’environnement, contre la société de consommation. Tu défendais une société  plus équitable et juste.

Engagé, condamnant l’inégalité, l’injustice, le racisme, l’intolérance, l’obscurantisme.

Ton film sur Fukushima, ta dernière lecture : « La supplication » de Sveltana Aleksevitch, prix nobel de la paix  en sont des témoignages.

Toi qui ne voulais pas être  sur facebook, tu es  devenu un «  people » comme disait Clara.

Il défendait ses  convictions avec tant de ferveur que plus jeune  à la maison, les discussions politiques avaient été proscrites.                                                                                                                                                Mais il aimait toujours  « la polémique » , ça faisait grandir le débat, disait-il. Hadrien s’en souviendra.

 

Essayons de ne pas tomber dans l’obscurantisme et la haine. Notre colère doit s’exprimer mais ne  faisons  d’amalgames faciles.

 

Globe- trotter, tu étais un véritable réceptacle de toutes les cultures.                                                                Et nous te suivions à travers tes voyages et tes tournages,        Jusqu’au jour où tu as déposé ton sac à Tokyo où tu as eu la chance de rencontrer Reiko qui depuis fait partie de notre famille.

Gilles, tu es devenu  Papa, que du bonheur :  2 magnifiques petites filles : Suzu et Lili. Clara n’allait plus être seule mais  surtout, elle avait deux superbes  cousines.                                                                           Elles  vont  perpétuer le nom :  un grand souhait de Papa et Maman. Ils  étaient si  fiers qu’ils ont tapissé la réception des photos de leurs 3 petites filles.

Les combats de Sumo ont recommencé Gilou. Dimanche dernier, les filles ont regardé en pensant à toi mais elles  trouvent cela ennuyeux. En plus ton favori à perdu ce vendredi

We are very closed to you Reiko.

Mais après avoir parcouru plus de 30 pays, c’est ici en partant tranquillement au studio qu’ils ont explosé ta vie et t’ont arraché à nous.

 

Gilou, c’était aussi tes amis,  Pas facile de te voir quand tu revenais. Moi, j’étais gâtée car, vivant ces dernières années à Bruxelles, tu  logeais à la maison.

Gilou, c’était  aussi  ta sérénité  (qui aurait envie, à part toi, de faire bouillon-bruxelles en voiture à moins de 90 à l’heure sur l’autoroute ….)

Gilou, c’était aussi  les Ardennes, Bouillon, les balades  en forêt,                

LE BAPTEME DES FILLES au Tombeau du Géant, le 1er bain que vous avez pris nus toi et Clara dans la Semois aussi au tombeau du Géant. Alice et moi vous prenions pour des sots. C’était encore l’hiver. Il faisait glaçial.                                                                                                                                                      Rappelle-toi quand tu lui as demandé de choisir son arbre, de le serrer très fort dans ses bras pour partager  son énergie. Chaque fois qu’on était ensemble, on se faisait de grandes ballades.  Les 1ères glissades de Clara  à Sensenruth non pas en luge, car elle était cassée, mais sur de gros sac plastic.  Merci Gilou. Je regrette tant que Reiko, Suzy, Lili, Clara, Loris et Sacha te perdent  si tôt. Ta philosophie de vie était séduisante et belle et j’aurai tant aimé que tu continues à la partager avec eux.

 

Gilles, c’était aussi la musique,  l’écriture, la lecture

Je me souviens de ces moleskines que tu  remplissais au fil de tes voyages. On te donnait un sujet, et aussitôt tu commençais  à écrire. Clara en était ravie car pour son anthologie de Français, tu  l’as bien aidé avec son midi quart (paraphrase du mythe d’Icare). Elle doit aujourd’hui  faire son passerport culturel en français. Jacques et Phil seront bien seuls pour t’aider Clara.

 

Merci à vous tous, familles, amis et  proches                                                                                                       Nous remercions également Thierry Wouters du Div et à Mélanie et Silvain de la Croix Rouge.

Votre soutien fut sans mesure.   Cela  nous a aidé et nous aidera à traverser cette épreuve  car c’est à travers nous que Gilles continuera à vivre.

J’avais  encore tant de choses à te dire Gilou mais je ne t’entendrai plus rentrer le soir et  tu ne me diras plus  il est escalope moins 5

Reiko, Suzu, Lili, Papa et maman ainsi que nous tous te souhaitons  un bon voyage Gilou.

We miss you   Gilou, mais  pars en paix, nous veillerons sur Reiko, les filles, Papa et Maman.

Philippe, merci pour ton joli texte  « Gavroche au sourire accueillant, gentiment moqueur, affectueusement ironique ou malicieux, animé par une générosité et une sagesse dépourvues d’affecttation. Il séduisait par sa délicatesse, son élégance nonchanlante, un peu déingandée, toujours en harmonie avec son entourage proche ou fortuit. Le souvenir, c’est la mémoire de ceux qui l’ont connu et lui resteront fidèles. La mort n’est pas l’oubli mais le recueillement » Philippe Curvers.



Cette messe est un compromis

Gilles n’était pas croyant mais  nous avons décidé de faire cette cérémonie dans le respect de tous , sans intolérance.