読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

故ジル・ローランを偲んで

A blog to remember Gilles Laurent, who died in Brussels Attack in the middle of making his film about Fukushima / this blog is organized by his wife Reiko Udo

ジルの親友、ディミトリがくれたメッセージ What his best friend, Dimitri wrote and sent to me 2016/04/04

(↓日本語訳は一番下にあります)

 

Once while we were going there, he suddenly stopped his yellow car. The sun was lighting all the trees in front of us. He said look at this, so many species of trees are living together. 

There is a place for everyone. If only we could just see what nature has to teach us.

So much wisdom, this is what i admire the most in him, his abilities to transcend and share it with humility.

Reiko, i know hard times are yet to come. I just pray for you to be strong for your daughters.

They will need all your love. 

Finally, knowing that you will responsible for his film make me happy. No one but you could do it better. More than a mission, it is also a way to walk aside him for a while.

At xmas, i spent a night at the hotel. During that night he showed me few scenes.

I really was amazed by the beauty of it. He will be next to me while i will watch the final cut.

 

Dim

 

f:id:Gillesfilm:20160610212049j:plain

ある日、その場所(※ジルの故郷ブイヨンの清流添い、ジルが大好きだった隠れスポットのような場所。この写真の場所。映っているのもジルです。)に一緒に行こうとしていたとき、太陽がすべての木々を照らしているのを見て、突然彼は自分の黄色い車を止めて言ったんだ。見てみろ、いろいろな種類の木々が一緒に生きている、と。みんなに生きる居場所があるんだ。もし、自然が教えてくれることを僕たちが見さえすれば・・と。

たくさんの智慧、それが、僕が彼について特に素晴らしいと思っていたところ。それを人間性で持って伝え、シェアしようとする才能があった・・。

レイコ、これからも大変な時があるだろう。僕はただ2人の娘たちのために、君が強くあることを祈る。彼女たちは君の愛を一心に必要とするだろう。
君が彼の映画を引き受けていくということを嬉しく思っている。きちんとやってのけるのは君しかいないだろう。それは使命というよりも、もうしばらくは、彼と一緒に歩いていくための道筋でもあるだろう。
去年末のクリスマス。僕はホテル(※ジルの両親がブイヨンで経営)に居て、いくつか彼に編集中の映画のシーンを見せてもらったんだが、あまりの美しさに本当に驚いた。最終版を観るとき、彼はきっと僕の傍にも居てくれるんだろう。