読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

故ジル・ローランを偲んで

A blog to remember Gilles Laurent, who died in Brussels Attack in the middle of making his film about Fukushima / this blog is organized by his wife Reiko Udo

ジルが動いている。 The rare films Gilles himself is moving 22/09/2016

f:id:Gillesfilm:20161002110230j:plain

”動くジル”の映像を発見しました。

 

 

ベルギー・テロからちょうど半年の9月22日、ベルギー本国のテレビ放送局RTBFにて、ジルと彼の残した映画「残されし大地」についてのルポルタージュが放送されました。

映画の撮影中に残っていたという、動くジル本人の映像が織り込まれていて私もびっくり。映像の編集担当のマリー・エレーヌが最近見つけてくれたそうです。

The block of films in which Gilles is moving surprised me. There was a brodacast in Belgium after harf year from the disaster, about him and the film.  It seems Marie-Helene, the editor recently found them and provided to the program.

 

動くジルを見るともちろん、心が締め付けられます。このリンクを送ってくれた義妹のアリスは、大好きなお兄ちゃんの姿に「駆け寄って抱きしめたい」という衝動を覚えたそうです。

Of course these views move us a lot. Alice, my sister-in-law says she had an impluse to hug him when she saw them.

 

放送はフランス語ですが、アリスの送ってくれた英語訳と、そして私のつけた日本語対訳を添付します。

The broadcast was in French, but here I attach the English translation by her and mine in Japanese. (After the ad, it starts from 5 min. 42 sec. of the program.)

 

⇩放送はこちらをクリック(最初の広告を除いて、5分42秒の所からです)

www.rtbf.be

 

「ひとつの災難からもうひとつの災難へと」
 
The speaker : the film will be released next week in Belgium. Of course Gilles is not there anymore but his team made everything to end it. 
アナウンサー:映画は来週ベルギーにて公開されます。もちろんジルはどこにも居ませんが、スタッフが最終的な仕上げに取り掛かっています。
 
The OFF voice : The film speaks about a death city. An irradiated city for 100 years with some irreducible who do not want to leave it.  The disaster in Fukushima seems like an echo to the disaster that happened to the film-maker Gilles, victim in the Brussels Attacks in the metro Maelbeek.
ナレーション:映画は、100年もの間放射能汚染を受けるかもしれない瀕死の町でも、そこから離れようとはしない人々のことを描いています。福島での災難は、地下鉄マルベーク駅で犠牲者となった映画人、ジル・ローランが遭遇した災難とエコーしているように思えます。
 
Cyril : That day I was surprised because Gilles did not come to the projection. I suspected something abnormal.
シリル(プロデューサー):あの日僕はジルが試写に現れずに驚いた。何か尋常ではないことが起ころうとしていると感じた。
 
The OFF voice : the waiting wat long, one week before the official announce of his death.
ナレーション:待つ時間は長かった。正式に彼の死が分かるまで一週間・・。
 
Marie-Hélène : she says they spend 3 month together in this room, fighting (because sometimes they did not agree), laughing, working. It took her a while before she could get back there to work after his death. His death is so unfair. The room was like a sancturary.
マリー・エレーヌ(編集者): 私たちは3ヶ月もこの部屋で一緒に働いた。時に意見が合わないことで喧嘩をし、笑ったり、また働いたり。彼の死後、また仕事に戻るのにしばらくの時間が必要だった。彼の死はあまりに不当。この部屋はサンクチュアリーのように思えた・・。
 
The Off voice : the land (la terre) was really alive in Gilles eyes, but a sanctuary too. 
ナレーション:(残されし)”大地”はジルの眼には、本当に生き生きとして見えていた。そう、まるでサンクチュアリーのように・・。
 
Cyril : Gilles was really attached to the land (la terre) despite the disasters. And it's another disaster that took him away from the land. 
シリル:ジルは災難を受けた場所にもかかわらず、この大地に本当に愛着を持っていた。そして大地から彼を奪い去ったのは、もう一つの災難だった。
 
Alex : he speaks about the questioning on how to survive after a disaster, whatever which disaster. He makes the link between Fukushima and Brussels. Our daily life was endangered. 
アレックス(ジルの同僚のサウンドエンジニア):どんな災難であろうとも、どうやったら我々はそこから生き延びていけるのだろう・・彼はそれについて語ろうとしている。彼は福島とブリュッセルをつなげる役割をした。我々の日常は危機にさらされている。
 
The OFF voice : Alex and Gilles were friends and colleagues. They used to live together in St-Gilles . Now the street where they lived seems emply but Gilles silhouette haunts ...
ナレーション:アレックスとジルは友人であり、同僚だった。彼らはともにサン・ジル地区で住んでいたこともある。今では彼らの住んでいた場所はどこか空っぽに見えるが、ジルの影が未だ色濃い・・。