読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

故ジル・ローランを偲んで

A blog to remember Gilles Laurent, who died in Brussels Attack in the middle of making his film about Fukushima / this blog is organized by his wife Reiko Udo

「残されし大地に、陽はまた昇る」

f:id:Gillesfilm:20161015210834j:plain

2010年10月、ジルの故郷ブイヨンを流れる清流スモア川のほとりにて0歳の長女と

 

ボブ・ディランのノーベル賞に触発されて・・というわけではないのですが、私も詩を書いてみました。このタイトルがずっとずっと、頭にあったのでした。

ジルが亡くなった時も、何人かのヨーロッパの方に既存または自作の詩をプレゼントしていただいて、てらいなく「詩に思いを託す」習慣があるのに驚いたほど。

詩は時に、人々の心をいい形で手紙にしてくれるものですね。

ジルの映画のタイトルに続けて、この先ずっと私の側の人生テーマであろう言葉は「陽はまた昇る」です。特に上手くない詩ですが、これは大げさに言えば私の側の人生宣言でもあります。

この詩は私から、ジルへのプレゼント・・ではなくて、ジルから私へのプレゼントなのかもしれません。

 

 

「残されし大地に、陽はまた昇る」

 

 

ここは残されし大地

ここに居たあの人々はもう居ない

 

ここは残されし大地

同じ風景は二度と帰らない

 

けれども地平線の向こうを

見つめれば

すべてを知りつくす陽はまた昇る

 

昨日より 1ミリ大きい緑の葉

昨日より 一歩遠くへ歩める足

命は輝きながら自動に続く

 

私が見ずとも 彼らも見ずとも

すべてを見ていた陽はまた昇る

 

 

今は居ないあの人々の

足の重みも、歩んだ跡も

大地はずっと忘れはしない

 

足の裏から何かが伝わる

踏み出せば そこが道となり

大地が人に力を送る

 

ここは残されし大地

地平線の向こうに陽はまた昇り

魂という名の花は咲き続ける

 

 

"The sun rises again over the abandoned land"

 

Here is abandoned land

Here you cannot see anymore the people who used to be here

 

Here is abandoned land

Here you cannot have anymore the view that you used to have

 

But when you try to gaze at the horizon

There you can see the sunrise again

The sun who knows everything

 

A green leaf that is one milimeter bigger than yesterday

My feet which can go one step further than yesterday

Lives just go on automatically while shining so strong

 

Even if I do not see, even if they do not see

The sun rises again

The sun who had seen everything.

 

The land will never forget those who were here

The weight of their feet

Nor their footsteps

 

People feel something from the back of their feet

When they walk one step forward

There they discover a way

The land gives them power

 

Here is abandoned land

Here you can see the sun rises again over the horizon

And you will see the flowers keep blossoming named as ‘soul’