読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

故ジル・ローランを偲んで

A blog to remember Gilles Laurent, who died in Brussels Attack in the middle of making his film about Fukushima / this blog is organized by his wife Reiko Udo

フィルム写真、発掘。Discovery of printed photos

f:id:Gillesfilm:20170131070902j:image

 ジルが2009年ごろまで使っていた、アナログのNikonカメラで撮った写真をごっそりと発掘しました。フィルムならではの手法で撮影しています。というのは、わざと一度使用したフイルムにもう一度、上から重ねてとることで偶然出来上がる二重の風景を楽しんでいるのです。

 

どなたかがやっていた手法かもしれず、それともジルがたまたま発見した手法なのかはわかりませんが、何だかとても面白くて、出会った頃にいろいろ見せてもらったのを思い出します。 初来日のときはまだこのアナログのカメラだったので、当時の新鮮な眼で日本の風景を撮ったものもたくさんあります。上の写真の下の方にチラッと入っていますが、赤い鳥居とビル郡とか。

 

f:id:Gillesfilm:20170131070955j:image

こちらは私がお気に入りの1枚。ベルギーの風景ですが、観覧車や線路などの電車から見える街並みと、どこかの森の風景が二重に折り重なっていて、不思議。いま思えば、映画「残されし大地」にも通じるヴィジュアル感覚だなあ・・と。

 

結構面白いシリーズなので、近いうちにまたInstagramをジルの名前で始めた暁には(と以前から言い続けていますね笑)、ご紹介したいと思っています。ただ、時間の経過とともに反り返ってしまっているので、しっかり抑えて撮り直すために、無反射ガラスが必要です。注文して、入荷待ちの今です。少々お待ちを!